TOP
相談室
お知らせ
Q&A
伝えたいこと
社教会とは?
リンク
Q&A

 Q1.どのような人が相談にのってくれるのですか?
 A1. 相談員は、日蓮宗の正式な資格をもつ僧侶です。
 その中に保護司(保護司法に基づき、法務大臣の委嘱を受けて非行や犯罪を犯した人の更生を支援する非常勤の国家公務員)や民生委員(社会奉仕の精神を持って、常に住民の立場になり、相談及び必要な援助を行い、社会福祉の増進に努めることを任務として、市町村の区域に配置されている民間の奉仕者)の者もおり、普段から色々な相談に対応している僧侶が19名登録されています。今後増員されて行く予定です。

 私たち相談員は、あくまでも、仏教を学び実践する僧侶であって、心理学や臨床心理などの専門知識については、必要に応じて勉強をしていますが、資格という面では備わってはいません。気軽に何でも相談できる「お寺の和尚さん」という立場で、相談に応じたいと思っています。

 この相談室の目的は不登校・家庭内暴力・引きこもり・宗教入信(組織依存)トラブルなど、家族を悩ませる様々な現代の青少年問題に対して「仏法を弘める者として何か有効な手だてはないものか」と神奈川県第一部日蓮宗社会教化事業協会が中心となりこの相談室を設立いたしました。

 相談員の年齢も20代から60代までさまざまです。安心してご相談下さい。
 

 Q2.相談費用はどのくらいですか?
 A2. この相談室は全て無料でお受け致しています。
 どんな内容でもかまいません。気軽にしてみてください
 

 Q3.うちは日蓮宗ではないのですが・・・
 A3 このホームページでの相談によって宗教的勧誘は一切行いませんので安心してご相談をください。


 Q4.個人情報は守って頂けますか?
 A4. もちろんお守りします。
心の相談室は個人情報の取り扱いにおいて、当該個人情報の保護に適用される法令及びその他の規範を厳重に遵守致します。(個人情報保護方針)

この相談室の事務局、相談員以外に情報や相談内容が開示することは絶対に致しません。